ファッション誌の表紙で25年ぶりにメディアへ登場した小林麻美さんの今までのキャリアって?

62歳になった小林麻美さんが2016年7月20日に発売されたファッション誌である「kunel」の表紙を飾るとともに、あらたに連載もスタートさせ実に25年ぶりにメディアへ登場することとなりました。
小林さんは高校生のときに雑誌のモデルとしてスカウトされた後にコマーシャルへの出演も決まったのですが、撮影時のスキーで骨折してしまいいきなり長く休養せざるを得ない事態に。

18歳のときにはアイドル歌手として「初恋のメロディー」でデビューを果たすのですが、小林さんの全然笑顔を見せない様子や猫背でうつむき気味の姿勢などはその当時のアイドルと真逆の雰囲気。
事務所でも、アイドル歌手としては適性がないと判断したのでした。

ところがその後その暗い雰囲気が注目され、歌手としても「雨音はショパンの調べ」が大ヒットすることに。
1991年に結婚してから今に至るまで、その姿を公の場で見る機会はありませんでした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160719-00010001-fukui-l18