命日に地元で追悼の防災行政無線メロディーが流れる元フジファブリックの故・志村正彦さんの経歴って?

山梨県富士吉田市では2012年から毎年、地元出身でフジファブリックのボーカルやギターを務めながら2009年に亡くなった志村正彦さんの命日である12月24日に防災行政無線での追悼ということでメロディーを流しています。
志村さんのフジファブリックとしての経歴は、2000年にバンドを結成したところからスタートしました。

2001年に一時解散するものの、すぐに再結成を果たしています。
2004年にはじめてのシングルとして「桜の季節」をリリースしてメジャーデビューを果たし、2007年に発表した7枚目のシングルである「蒼い鳥」がオリコンランキングではじめてのトップ10に。

はじめてのアリーナ公演として両国国技館でのライブを成功させるなど今後の活動へ期待が高まる中で、急逝ということになりました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161227-00000046-mai-soci