朝ドラ「べっぴんさん」の主演が決まった芳根京子さんが過去の闘病を明かしたギラン・バレー症候群ってどんな病気?

2016年10月3日からスタートするNHKの朝ドラ「べっぴんさん」について、主演が芳根京子さんに決まりました。
その発表会見上で芳根さんは中学生の当時、ギラン・バレー症候群だったと明かして話題になっています。

ギラン・バレー症候群は難病として指定を受けている疾患であり、おもに筋肉を動作させるための神経に障害が起こることで手足に力が入らなくなってしまうという病気です。
原因としてはさまざまなものがあり感染症のほか薬剤、ワクチン、手術や妊娠などに影響されるケースもあります。

治療については感染症への対応が行われているものの、有効な治療方法に関する根拠が現状において明確になっているというわけではありません。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160406-00000083-dal-ent