終了が決まった「さんまのまんま」を支えてきたまんまちゃんとは?

明石家さんまさんの冠番組としてもっとも長く続いてきた番組である「さんまのまんま」が、2016年9月をもって終了し31年6ヶ月という歴史に幕を下ろすこととなりました。
以降はスペシャル番組というかたちで、1年につき2回の放送が予定されています。

そんな長寿番組をさんまさんとともに支えてきたのは、マスコットキャラクターである明石家まんま。
「まんまちゃん」の愛称で親しまれてきたまんまとは、オレンジ色をした犬型の宇宙怪獣です。

着ぐるみで登場していて、スーツアクターのほか演出家などとしても活動している岡崎薫さんが中に入っています。
岡崎さんは番組がスタートした当初、31歳だった当時から着ぐるみを担当してきました。

2015年には十二指腸潰瘍のために緊急入院するという事態もあったのですが、代役は立てられず小さなぬいぐるみが「出演」したという一幕もありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160804-00000501-sanspo-ent