終了が決まったフジテレビの「昼ドラ」…長い歴史でさまざまな「あるある」も?

フジテレビ系列で52年にわたって放送されてきた「昼ドラ」が、2016年3月をもって終了することになりました。
近年は「明日の光をつかめ」といったさわやか系や「花嫁のれん」などほのぼの系の作品も人気シリーズとなっていましたが、それでも視聴者の間で強烈なインパクトを残しているものはいわゆる「ドロドロ系」の愛憎劇が繰り広げられた作品です。

長い歴史ゆえにさまざまな「あるある」もあり、夏休みなどで普段はテレビを観ている時間帯ではない子どもたちにとっては「笑っていいとも!」や「ごきげんよう」の後にいきなり刺激的なシーンでお母さんもあたふたするといったシーンがよくあったようです。
劇的なストーリー展開が多いので1話見逃すと全然違う話になっている、ヒロインの相手役となる男性や味方は高い確率で死んでしまう、頻繁に数年後になるなどコアな視聴者であれば次第に展開の予想をすることができるようにもなるほどでした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151028-00000005-spnannex-ent