読売テレビがはじめて関西弁表記をして話題になっているEPGとはそもそもどうして誕生したの?

読売テレビが2016年8月27日に放送された番組について、新聞のテレビ欄とEPGではじめて関西弁表記を用いて話題になっています。
EPG(Electronic Program Guide)とは電子番組表のことであり、テレビの画面上などに番組表を表示するシステムです。

BSやCSでさまざまなチャンネルが開局され、新聞のテレビ欄だけですべての情報を網羅することが難しくなったこともあって昨今のテレビには標準機能として搭載されています。
日本では1996年に、スカパー!がはじめてサービスとして提供しました。

番組名だけでなくそれぞれの番組について詳細な内容や出演者などの情報を確認することができ、そのまま録画操作を行うこともできるため利便性の高いものになっています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160826-00000095-sph-ent